RareS. | 医療における超音波の活用に「第2の黄金期」がやってくる    難病治療に道を開く、微小な泡の潜在力 - WIRED.jp

HOME > ニュース一覧 > 医療における超音波の活用に「第2の黄金期」がやってくる 難病治療に道を開く、微小な泡の潜在力 - WIRED.jp

医療における超音波の活用に「第2の黄金期」がやってくる 難病治療に道を開く、微小な泡の潜在力 - WIRED.jp

タグ:潰瘍性大腸炎
2018年03月12日 08時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

医療における超音波の活用に「第2の黄金期」がやってくる 難病治療に道を開く、微小な泡の潜在力 - WIRED.jp


たとえば結腸は、クローン病、潰瘍性大腸炎、その他の腸炎などの一般的な治療薬をほとんど吸収しないことが知られている。このため座薬が使われるのだが、不便なことに数時間は挿入したままにしなくてはならない。 だが、結腸に超音波を当てれば、この投薬プロセスを分単位にまで短縮できる。15年、マサチュー ...


続きはこちら

引用元:WIRED.jp
タグ:潰瘍性大腸炎

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking