RareS. | 進行性卵巣がん患者に対する1次治療としてのアバスチン+化学療法後のアバスチン単剤療法の生物製剤承認一部変更申請(sBLA) 、FDAが受理 - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 進行性卵巣がん患者に対する1次治療としてのアバスチン+化学療法後のアバスチン単剤療法の生物製剤承認一部変更申請(sBLA) 、FDAが受理 - がん情報サイト「オンコロ」

進行性卵巣がん患者に対する1次治療としてのアバスチン+化学療法後のアバスチン単剤療法の生物製剤承認一部変更申請(sBLA) 、FDAが受理 - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:腹膜がん
2017年11月12日 06時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

進行性卵巣がん患者に対する1次治療としてのアバスチン+化学療法後のアバスチン単剤療法の生物製剤承認一部変更申請(sBLA) 、FDAが受理 - がん情報サイト「オンコロ」


GOG-0218試験とは、未治療の進行性上皮卵巣、卵管、または原発性腹膜がん患者(N=1873人)に対する1次治療としてアバスチン+化学療法(カルボプラチン+パクリタキセル)後のアバスチン単剤療法群、アバスチン+化学療法(カルボプラチン+パクリタキセル)後のプラセボ単剤 ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:腹膜がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking