RareS. | 骨病変のある未治療多発性骨髄腫に対するランマーク、ゾメタに対して主要評価項目である骨関連事象(SRE)抑制効果の非劣性を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 骨病変のある未治療多発性骨髄腫に対するランマーク、ゾメタに対して主要評価項目である骨関連事象(SRE)抑制効果の非劣性を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

骨病変のある未治療多発性骨髄腫に対するランマーク、ゾメタに対して主要評価項目である骨関連事象(SRE)抑制効果の非劣性を証明する - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:多発性骨髄腫
2018年04月23日 10時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

骨病変のある未治療多発性骨髄腫に対するランマーク、ゾメタに対して主要評価項目である骨関連事象(SRE)抑制効果の非劣性を証明する - がん情報サイト「オンコロ」


2018年2月8日、医学誌『The Lancet Oncology』にて骨病変のある未治療多発性骨髄腫患者に対してデノスマブ(商品名ランマーク;以下ランマーク)、ゾレドロン酸(商品名ゾメタ;以下ゾメタ)を投与し、骨関連事象(SRE)抑制効果の非劣性を比較検証した第III相の臨床試験(NCT01345019)の結果がMassachusetts ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:多発性骨髄腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking