RareS. | エンドサイトーシスにおける「分子ハサミ」の機構解明に前進 - 科学技術振興機構

HOME > ニュース一覧 > エンドサイトーシスにおける「分子ハサミ」の機構解明に前進 - 科学技術振興機構

エンドサイトーシスにおける「分子ハサミ」の機構解明に前進 - 科学技術振興機構

タグ:シャルコー・マリー・トゥース病
2018年01月26日 14時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE


ダイナミンの異常は、年齢依存性てんかん性脳症注5)、シャルコー・マリー・トゥース病注6)、先天性ミオパチー注7)など、神経や筋肉におけるさまざまな先天性疾患の原因になっています。またアンフィファイジンの異常も先天性ミオパチーの原因であり、アンフィファイジンが神経の自己免疫疾患(スティッフパーソン症候 ...


続きはこちら

引用元:科学技術振興機構
タグ:シャルコー・マリー・トゥース病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking