RareS. | シリコンバレー在住 がんサバイバージャーナリストがつづる欧米がん事情最前線No.3 ~スタンフォード・メディカル入院からアイスランドへ~ - エイジングスタイル

HOME > ニュース一覧 > シリコンバレー在住 がんサバイバージャーナリストがつづる欧米がん事情最前線No.3 ~スタンフォード・メディカル入院からアイスランドへ~ - エイジングスタイル

シリコンバレー在住 がんサバイバージャーナリストがつづる欧米がん事情最前線No.3 ~スタンフォード・メディカル入院からアイスランドへ~ - エイジングスタイル

タグ:肉腫
2018年05月01日 09時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

シリコンバレー在住 がんサバイバージャーナリストがつづる欧米がん事情最前線No.3 ~スタンフォード・メディカル入院からアイスランドへ~ - エイジングスタイル


肉腫であるサルコマを右脚から摘出手術した後、スタンフォード大学メディカル・センターでX線による放射線治療を薦められました。ですが、なかにし礼さんのがん体験を綴った本「生きる力」を読み、非侵襲(皮膚の切開を行わない)で 後遺症が少なく効果のある陽子線治療を是非とも受けたいと思い立ちました。 通常のX線な ...


続きはこちら

引用元:エイジングスタイル
タグ:肉腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking