RareS. | 未治療切除可能非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療法、病理学的奏効45%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > 未治療切除可能非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療法、病理学的奏効45%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

未治療切除可能非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療法、病理学的奏効45%を示す - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:肺がん
2018年04月24日 15時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

未治療切除可能非小細胞肺がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療法、病理学的奏効45%を示す - がん情報サイト「オンコロ」


肺がんの種類は腺がん62%(N=13人)、扁平上皮がん29%(N=6人)、その他10%(N=2人)。肺がんの進行具合はステージ1が19%(N=4人)、ステージ2が48%(N=10人)、ステージ3Aが33%(N=7人)。 以上のように本試験に登録された患者は62%が腺がんであり、81%が肺がんステージ2または3Aであり ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:肺がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking