RareS. | オプジーボなど免疫チェックポイント阻害薬による治療効果は性別により異なる可能性がメタアナリシス試験より示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

HOME > ニュース一覧 > オプジーボなど免疫チェックポイント阻害薬による治療効果は性別により異なる可能性がメタアナリシス試験より示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

オプジーボなど免疫チェックポイント阻害薬による治療効果は性別により異なる可能性がメタアナリシス試験より示唆される - がん情報サイト「オンコロ」

タグ:中皮腫
2018年05月25日 18時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

オプジーボなど免疫チェックポイント阻害薬による治療効果は性別により異なる可能性がメタアナリシス試験より示唆される - がん情報サイト「オンコロ」


がん種は悪性黒色腫(メラノーマ)の試験7つ、非小細胞肺がんの試験6つ、頭頚部がんの試験2つ、小細胞肺がん、腎細胞がん、尿路上皮がん、胃がん、中皮腫の試験がそれぞれ1つである。 上記背景を有する患者に対する本試験の主要評価項目である全生存期間(OS)の ...


続きはこちら

引用元:がん情報サイト「オンコロ」
タグ:中皮腫

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking