RareS. | 炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構の存在を解明-理研 - QLifePro医療ニュース

HOME > ニュース一覧 > 炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構の存在を解明-理研 - QLifePro医療ニュース

炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構の存在を解明-理研 - QLifePro医療ニュース

タグ:クローン病
2018年06月25日 11時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構の存在を解明-理研 - QLifePro医療ニュース


炎症性腸疾患は、大腸や小腸などに慢性の炎症や潰瘍を起こす疾患の総称で、クローン病と潰瘍性大腸炎に分類される。10代~20代の若者が発症しやすい傾向にあるが完治させることは難しく、継続的な経過観察および治療が必要となる難病のひとつ。国内においても患者数 ...


続きはこちら

引用元:QLifePro医療ニュース
タグ:クローン病

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking