RareS. | 高度異型腺腫の有無で大腸がんリスクが有意に異なる(解説:上村 直実 氏)-868 - ケアネットドットコム

HOME > ニュース一覧 > 高度異型腺腫の有無で大腸がんリスクが有意に異なる(解説:上村 直実 氏)-868 - ケアネットドットコム

高度異型腺腫の有無で大腸がんリスクが有意に異なる(解説:上村 直実 氏)-868 - ケアネットドットコム

タグ:大腸がん
2018年06月11日 04時
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

高度異型腺腫の有無で大腸がんリスクが有意に異なる(解説:上村 直実 氏)-868 - ケアネットドットコム


なし、大腸がんリスクに有意差/JAMA(2018/05/31掲載). 日本で大腸がんは肺がんに次いで2番目に多い死亡原因であり、大腸がんによる死亡リスクを低下するために便潜血による大腸がん検診が施行されている。一方、欧米では、大腸内視鏡検査(CF)を行うことにより大腸が ...


続きはこちら

引用元:ケアネットドットコム
タグ:大腸がん

この記事をシェアする

  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事relations


アクセスランキングAccess Ranking