RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

総肺静脈還流異常症

概要

総肺静脈還流異常症(そうはいじょうみゃくかんりゅういじょうしよう、英語: total anomalous pulmonary venous return/connection/drainage, TAPVR / TAPVC / TAPVD)は、先天性心疾患の一つ。4本ある肺静脈のすべてが、本来なら左心房に還流すべきところを、右心房や大静脈に還流するというもので、新生児期よりチアノーゼを呈し、危急的治療が必要となることが多い。また、4本ある肺静脈の一部に還流部位の異常がある場合、これを部分肺静脈還流異常症(PAPVR)と称する。

出典

引用元 : 「総肺静脈還流異常症」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines

    記事はありません。