RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

特発性血小板減少性紫斑病

概要

特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう、英: Idiopathic Thrombocytopenic Purpura; ITP)は、何らかの要因によって、血小板の減少を呈する一群を指す。特定疾患として認定された、国指定難病医療費等助成対象疾病である。膠原病、再生不良性貧血、薬剤等の血小板減少を来たす原因が除外されて診断される。2005年現在では以下に述べるような免疫機構が原因とされており、それに合わせてImmune Thrombocytopenic Purpura(略称はITPのまま)と呼ぶ人もいる。

出典

引用元 : 「特発性血小板減少性紫斑病」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines