RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

後天性免疫不全症候群

概要

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことである。一般にエイズ(AIDS)の略称で知られている。性行為感染症の一つ。HIVに感染した時点ではAIDSの発症とは言えないが、ここではHIV感染症全般の事柄についても記述する。ウイルスとしてのHIVについてはHIVを参照。

出典

引用元 : 「後天性免疫不全症候群」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines

    記事はありません。