RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

先天性無痛無汗症

概要

先天性無痛無汗症(せんてんせいむつうむかんしょう、英:Congenital Insensitivity to Pain with Anhidrosis, CIPA)とは、遺伝的要因により主に神経障害などを含む先天的な疾患群である。遺伝性感覚性自律神経性ニューロパチー( - ニューロパシーとも言う、hereditary sensory and autonomic neuropathies, HSAN)の疾患の内の一つに数えられ、IV型に分類される。難病ではあるものの、厚生労働省の指定する特定疾患には未だに含まれていない。但し、東京都などでは遺伝性運動感覚(知覚)性ニューロパチー(hereditary motor and sensory neuropathies, HMSN)と共にHSANも遺伝性(本態性)ニューロパチーの疾病として難病医療費等助成(公費負担医療)の対象とされている。

出典

引用元 : 「先天性無痛無汗症」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines

    記事はありません。