RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

下垂体腺腫

概要

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ、Pituitary adenoma。下垂体腫瘍とも)は、下垂体(脳下垂体)にできる脳腫瘍の一種。良性であることが多い。下垂体腺腫は一般的に、良性の腺腫・浸潤性腺腫・癌という3つのカテゴリに分類される。うち、ほとんどが良性腺腫であり、約35%が浸潤性腺腫、がんは0.2%~0.1%を占める。下垂体腺腫は、頭蓋内腫瘍のうち10%から25%であり、また一般集団における推定有病率は約17%である。下垂体は豆粒大ほどの大きさで、頭蓋骨の底部・中心部にあるトルコ鞍という窪みの中に納まっている。ほとんどの下垂体腺腫は微小であるが、なかには腫瘍がトルコ鞍から頭蓋内へ脱出し、数センチもの大きさになることもある。トルコ鞍の上部には視神経の交差する「視交差」があり、これを腫瘍に圧迫された場合、目の視野の両端が欠損する場合がある(両耳側性半盲)。

出典

引用元 : 「下垂体腺腫」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines

    記事はありません。