RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

ファロー四徴症

概要

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう、Tetralogy of Fallot;TOF)とは、1672年にデンマーク人医師ニールス・ステンセンが提唱し、1888年、フランス人医師エティエンヌ・ルイ・アルチュール・ファローにより報告された先天性心奇形の一種である。発生の段階で肺動脈と大動脈の2つを分ける動脈幹円錐中隔が前方に偏位することで生じるものである。名前にある「四徴」とは以下の4つを意味する。肺動脈狭窄;漏斗部狭窄心室中隔欠損右心室肥大大動脈騎乗(大動脈の起始が左右の心室にまたがっていること)右心室からの静脈血が心室中隔欠損を通じて流れ込むので、チアノーゼを起こす。主に乳児期以降にチアノーゼを起こし、全身の皮膚が青く(浅黒く)見える子供をBlue Babyと呼ぶ。肺動脈狭窄が閉鎖に至った場合、極型ファロー四徴症といわれる。

出典

引用元 : 「ファロー四徴症」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines