RareS. | ニュース一覧

HOME > ニュース一覧

グッドパスチャー症候群

概要

グッドパスチャー症候群(グッドパスチャーしょうこうぐん、Goodpasture's syndrome,GPS)は、肺・腎をおかす致死的疾患である。抗基底膜抗体を原因とする自己免疫疾患で、急速進行性糸球体腎炎と肺胞出血をきたし、血痰・喀血・呼吸不全や浮腫・乏尿が症状である。無治療だと90%以上が死亡するきわめて重篤な疾患であるが、血漿交換、免疫抑制剤などを用いたり移植などで持ちこたえた場合、再発することはあまりなくその後の予後は良好である。1919年、世界的な流行をみていたスペイン風邪について研究中の米国の医学者グッドパスチャー (w:Ernest William Goodpasture) が、血痰を伴う進行性の糸球体腎炎について報告している。これが現在グッドパスチャー症候群として知られる疾患の最初の報告である。

出典

引用元 : 「グッドパスチャー症候群」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』

このコンテンツについて

本コンテンツ内の一部の用語の解説には、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 の情報をGNU FreeDocumentation Licenseのもと、利用しています。
本コンテンツの内容は予告なく変更される可能性があります。

ニュース一覧HeadLines

    記事はありません。